電話を受けるときのポイント

電話を受けるときのポイント

電話を受けるときのポイント

電話を受ける方法は、ビジネスマナーの基礎として覚えておく必要があります。

 

電話を受けるときのポイントは、3コール以内にするように努力することが大事なポイントです。

 

「お待たせ致しました」という言葉を使うのは、4コール以上かかって出た場合だと覚えておきましょう。

 

電話で対応する相手は、得意先や下請け業者のスタッフ、出張している社員などいろいろな人がいます。

 

適切な対応は簡単ではありませんが、心配りをしっかりしていれば、トラブルに発展することはほとんどありませんので心配しすぎることはないと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ