電話を受けた時の最初の対応の仕方

電話を受けた時の最初の対応の仕方

電話を受けた時の最初の対応の仕方

電話を受け、相手が名前を言ったら、知らない相手でも「いつもお世話になっております」と言うのがビジネスマナーです。

 

これは、自分の管理する顧客以外にも共通することです。

 

 

相手がいきなり話を始めたときは、「失礼ですが」と言ってから名前を聞くのはビジネスマナーとして大丈夫です。

 

名前のほかには、「会社名」「用件のある相手」「実際の用件」などを紙に記載していきます。

 

 

そして、念のために「○○社の○○様ですね」と聞き、それから「少々お待ちください」と言いながら電話を保留にします。

 

すぐ近くに用件のある相手がいる場合は口頭でもいいですが、違う部署や別の階にいるときは転送にします。


ホーム RSS購読 サイトマップ