相手の気分を害してしまった後の電話対応のコツ

相手の気分を害してしまった後の電話対応のコツ

相手の気分を害してしまった後の電話対応のコツ

 

 

 

どんなに丁寧なビジネスマナーを心がけても、相手の気分を害してしまうことはあります。

 

そんなときは、その後の対応が非常に大切となるのです。

 

 

よくあるミスとしては、電話の最中に受話器が切れることです。

 

このような場合、かけたほうが再びかけるのが正確なビジネスマナーですが、この際はしっかり謝るようにしましょう。

 

そして、電話が遠くて内容が分からないときは、「お声が遠いようですが・・・」と添えれば大きい声で話してくれます。

 

 

そして、初めてのお客様の場合は、名前がいちどで確認できないこともあります。

 

このようなケースでのビジネスマナーでは、「申し訳ございませんが、もう一度お名前をお聞かせ願えませんか?」や「失礼ですが、どのような漢字をお書きでしょうか?」などと対応するのがよいでしょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ